身長 伸ばす

身長を伸ばすためにはどんな方法があるのか?

子供の身長をしっかりと伸ばしてあげたい、自分自身なかなか
背が伸びずに悩んでいるという人のために、ここでは身長に関する
基礎知識と、身長を伸ばすためにできることを解説します。

 

 

何歳まで身長は伸びる?

方法 画像

 

乳幼児期から身長が伸び始め、ほとんどの場合20代前半には身長の
伸びは止まると言われています。

 

成長期と言われ、特に身長が伸びやすいとされている年齢は10〜14歳
だということが統計的にわかっており、小学校高学年から高校生に
なるくらいまでが成長の重要な時期というとされています。

 

もちろん身長が伸びる時期や、伸び率には個人差があるため一概に
これがすべての人に当てはまるわけではありません。

 

また、身長の伸びが早い段階でピークを迎える「早熟タイプ」と、
比較的遅めにピークを迎える「晩成タイプ」に分かれます。

 

早熟タイプは一般的なピークとされる14〜15歳で完全にストップし、
晩成タイプは20代半ばまで身長が徐々に伸びると考えられています。

 

大切なのは、その子なりの「成長期」にあわせて必要な栄養を補給
適切な生活を送らせて成長を促してあげるということです。

 

 

身長を伸ばす方法

 

適度な運動

方法 画像

 

太陽の光を浴びて体を動かすことで成長ホルモンの分泌が活性化
されると考えられています。

 

運動をすることで成長ホルモンの分泌が促されますが、小さい時期に
筋肉をつけすぎてしまうような過度な運動は、身長の伸びを妨げる
原因になるとも考えられています。

 

体に負担のない程度の適度な運動が身長を伸ばすためには大切です。

 

 

十分で適切な睡眠

方法 画像

 

広く知られている通り、身長は主に寝ている間に伸びるとされます。

 

成長ホルモンが分泌されるのが寝ている時間帯が中心だということが
深く関わっているため、そのタイミングにしっかりと深い眠りに
ついていることが大切です。

 

特に夜10時〜深夜2時がそのタイミングとされているので、理想としては
夜10時に熟睡していられるよう、30分前には眠りにつきたいところ。

 

その時間に起きていると成長が妨げられてしまう可能性があるので、
成長期の夜更かしはできるだけ避けることがベストです。

 

 

また、睡眠時間については幼児期から小学生では10時間前後が推奨され、
15歳頃でも最低でも8時間以上の睡眠が必要だとされています。

 

 

食事、栄養補給

方法 画像

 

身長の伸びに限らず、体の成長や健康を維持するためには、当然
栄養バランスがとれた十分な食事が大切です。

 

あらゆる食材、栄養を偏りなく摂取することが基本的に必要なこと
ではありますが、その中でも特に身長の伸び、成長に重要な栄養は
骨をつくるカルシウムや、成長ホルモンの分泌を促すアルギニンなどの
アミノ酸だとされています。

 

子供が好む食事だけをさせていると不足しがちな成分でもあるので
意識的に食事の中に取り入れるようにしたり、サプリメントなどで
補給することが大切なのです。

 

成長をサポートするサプリメントでは、子供の体に必要な栄養を
バランスよく、そして適切な量配合しているため、過不足なく
栄養補給することができるため、特に成長期に差し掛かった時期には
大変おすすめです。